例会報告 2018  918日 第 409
出席者  17:  TM Kurihara, TM Seki, TM Shimizu, TM Takano,  

TM Shimada, TM Takahashi, TM Yamane, TM Fumio Sato, TM Hiroshi Sato, TM Ota, TM Nagashima, TM Maruyama, TM Nakamura, TM Ohara,

TM Thomas Asada Grant, TM Nakaya   ゲスト:Mr. Tamatani

1900 太田会長 開会宣言。

時間どおりに開会。

 初めにゲストの玉谷さんの紹介、②スピーチ・タイトルは他のメンバーにも分かる

ようにフリー・メールで連絡するように、③今日の4番目のスピーカーは、TM 佐藤 弘のコメントは、欄がないので、メモ欄に書いてくださいとの連絡がありました。

 続いて今日のTMD劉の紹介がありました。

次にTM Takano Word of the day “notify(v), notification(n), notifiable(a), が紹介されました。

Opening thought by TM Nagashima  

 TM 長島は、3週間前に自動車事故で石のフェンス塀に衝突したそうです。幸い怪我はなかったそうですが、自動車のバックがへこんでしまったそうです。どの車が安全で高価でないか、車のアドバイスが欲しいそうです。皆さんも車の運転には気をつけましょうというお話しでした。

 

続いて本日のTable Topic Sessionに入りました。本日の Table Topic Master TM 栗原です。以下の秋に関する3つのトピックが出題されました。                                                     1.回答者:TM山根,  time 1:40 eligible

 トピックは「秋に何を一番期待しますか?」 TM山根は、秋は良い季節なので、山を

訪れ、紅葉を見たいと話してくださいました。中でも最近修理改築された日光の紅葉

をご覧になりたいそうです。

2. 回答者:ゲスト玉谷さん,  time 1:43 eligible

  トピックは「秋にどんな果物を一番食べたいですか?」 柿や葡萄などを召し上がりたいそうです。奥さんがフルーツ・ケーキをお好きなので、ご一緒に秋のフルーツと

フルーツ・ケーキを味わいたいそうです。

3. 回答者:TM,   time :40 eligible

トピックは「秋はあなたに何を一番思い出させますか?」 秋は瞑想をするということを思い出します。湖の景色についての詩を読んだりする、芸術的な気持ちを感じる時です。日光の素晴らしい景色や青い空を仰ぎ、鑑賞すること等を思い出させますというお話でした。

 

Joke Session

本日の Joke Master は TM 高橋です。TM 高橋は落語の小噺から吝嗇家を題材にしたジョークを2つ話してくださいました。それから1つ紹介します。

あるケチな男がうなぎ屋の隣に住んでいましいた。飯時になると、その男はうなぎ屋から流れてくる蒲焼きを焼く匂いをおかずにし、ご飯を食べていた。うなぎ屋は、その男のユニークな食事方法を知って、その男のところへ行って言った、「ウナギの匂いは客寄せに使っているので、匂いに対して金を支払え!」 そのケチな男は、財布を取り出し、床にそれを落とし、お金の音を出し、お金を財布に戻した。そして言った。「お金の音だけで匂いの代金は充分だろう!」 と。 上には上がいるものですね。

 

そして Prepared Speech session に入りました。

1st speaker TM Takashi Nakaya     

Speech title: “How to properly use a projector”  CC Manual #8 Get

comfortable with your visual aids   (5-7 minutes) 

  パワーポイントのアプリは、プレゼンテーションの最も効果的なツールで、そのスラ

イド・ファイルは、今日私が使っているような光学プロジェクターを使ってスクリーンに

映し出される。最近のデジタルと光学テクノロジーの背景とともに、このプロジェクター

を効果的に使う方法を説明するつもりです。以下、スライド1からスライド8までを順に

説明してくださいました。以下、スライド1からスライド8までの内容を列挙します。

 スライド1:このスライドはプロジェクターの構造を示している。

 スライド2:コンピューターとプロジェクター接続の概略図である。

 スライド3:コンピューターとプロジェクター接続するのに用いられる2種類のケーブル(HDMIケーブルとVGAケーブル)のスライドである。

 スライド4:コンピューターは、VGA端子か、HDMI端子か、或いは両方の端子をもっている。コンピューターにHDMI端子があれば、HDMIケーブルを使って接続することを推奨する。

 スライド5:HDMI ターミナルは、高画像品質のテレビ、DVDレコーダーやプレーヤーのような新しいタイプの電子機器に設置されている。

 スライド6:VGA接続は、コンピューターのデイスプレイやプロジェクターなどの外部の表示装置にコンピューターのビデオ信号を送るために、一般的であった。

スライド7:このスライドは、プロジェクターの背面図の構造である。入力端子と出力端子がいくつかある。このプロジェクターを使用する場合は、HDMI入力端子とVGA入力端子のどちらかを使うことになる。他の端子は通常、使用することはない。コンピューターにHDMI入力端子があれば、HDMI端子に、VGA入力端子があれば、VGA端子に接続する。

スライド8:たいていの場合、プロジェクターに接続したコンピューターは、自動的にその接続を認識し、コンピューター・デイスプレイとプロジェクターの画面の両方に同じ映像を映し出す。

 結論として、プロジェクターとコンピューターの接続を注意して行うようにしなければ

なりません。端子に適した接続ケーブルを選んでください。

Speech Time:  8:16    not eligible 

Evaluator: TM Kurihara                   

 

2nd speaker TM Maruyama 

Speech title:  ”The Point of Interests”(関心のポイント)   Advanced Manual

The Entertaining Speaker #3  Make them laugh  (5-7 minutes)

 ワオー、何という大きなボーナスだ!私は自動車生産ラインでレーザー応用テクノロジーの開発に携わっていました。私は世界中のレーザー情報を集めていました。ある日、「レーザー・ロボット学会」がデトロイトで開かれるという情報を得ました。さらに詳しい議事案内を手に入れ、この学会に出席することは自分の将来にとても役に立つと思い、課長にこの会議に出席することを願い出ました。天使が私に舞い降りました。課長は私にその学会に出ることを許可してくれました。すぐにツアー計画を作りました。会議に出席したあと、イギリス、英レイランド社(レーザー切断装置を作った自動車メーカー会社)、ナショナル・カラム研究所、それからスコットランドのフェランテイ社(レーザー発信器会社)全部で11日間の単独旅行でした。まさにエクストラ・ボーナス!

  「レーザー・ロボット学会」は、デトロイトのルネサンス・センターで開かれました。

レーザー・テクノロジーに関する分科会が7つあり、私は主としてレーザー応用テクノロジーに参加しました。レーザー発信器会社、光学部品メーカー、システム・メーカー企業が製品PRのために、ブースを出し、顧客との会合に小さなコーナーを用い、スナックやアルコールを振る舞ってくれました。

 3日間の会議を終えて私は、カナダのウィンザーに行くことにしました。それはデトロイト・リバーの反対側にあります。友達の多くがこの場所を薦めてくれました。地図をチェックして、行き方を頭に入れました。私はウィンザーに行くようにタクシーの運転手に頼みました。トンネルの真ん中にパスポートの検閲所がありました。その検閲所の係に私は、ウィンザーにあるPoint of Interestに行くように言いましたが、彼は「6時半で終わりなので、もう施設は閉まっているよ」と答えました。その時は彼が言っていることが理解できませんでした。男が素晴らしい時間を過ごせるミリオン・ダラーに行くことが出来るとワクワクしていたからです。私はドライバーに真っ直ぐとか、左に曲がってとか指示しましたが、暗くなって来ているので心配になりました。やがて明かりもネオンも無くなり、私はやっと自分が間違っていたことに気付きました。Point of Interestは、男にとっての「特別な場所」ではなかったのです。それから約15分間位走りました。遂にドライバーは怒って「どこへ行きたいんだよ!」と言ったので、私は小さい声で「ミリオン・ダラーだよ」と囁きました。彼は私の気持ちを分かり、「それならもっといい場所があるよ」と。彼はブルー・ホース・クラブで私を降ろしました。ドアが鉄製だったので中は見えませんでした。そこは小さなクラブではステージはひとつで、鉄のバーを使って踊っているダンサーが一人いました。私は、ビールを注文しました。それから女を勧めて来ましたが、私は長くいる場所でないと思いました。次に私はミリオン・ダラーを訪問しました。そこは大きなクラブで3ダンシング・ステージと装飾もカラフルで、50人位の客が酒を飲んだり、ダンスを楽しんでいました。私も大いに楽しみ、ウエイトレスと楽しく話が弾みました。私は満足しました。

 私の妻は大きな旅行会社が企画したツアーが好きです。高級バスと高級列車、一流のホテルが好きです。時々は彼女と旅行しますが、すべてが用意され、何もすることがありません。ハプニングが人生のスパイスと私は思っています。だから自分で旅行を企画し、ハプニングが私を襲ってくれるような自由な時間を自分に課すのです。

Speech Time: 10:14      not eligible

Evaluator: TM Shimizu 

3rd speaker TM Fumio Sato  

Speech title:  ”TM Takahashi’s Word of the Day”   Advanced Manual  The Entertaining Speaker #3  Make them laugh  (5-7 minutes)

 1995年3月20日にオウム真理教がサリンを東京の地下鉄に散布した。その恐ろ

しい事件のために、私も恐ろしいアクシデントを経験した。その日私は鹿児島の顧客

から電話をもらった。その顧客は、うちの会社の農業用フィルム(感光膜)について不

満を漏らしている農業従事者がいると言ったのだった。うちの社は、台湾からそのフィ

ルムを初めて輸入したのだった。私はその責任者だった。サリン事件のため、交通機

関は混乱し、クライアントはわが社にとって大変重要だったので、その晩私は会社か

ら直接、鹿児島へ向かったのだった。

  翌朝、私はホテルでそこにあった安物のカミソリで、髭をそった。私は何の洗面用

品を持っていなかった。部屋を出る前、私は、鏡の自分を見て、ワイシャツの襟が血

だらけになっているのに気が付いた。私は私の顔を剃ってしまったのだった。替えの

ワイシャツを持っていなかった。「やってみよう」。(Go it a go)。 私は襟を立て、ネク

タイを緩め、ちょっと上へ動かし、ネクタイに沿って襟を折り返し、襟の血の付いた部

分が見えなくなるようにした。

 クライアントとの会合のあと、私は新しいワイシャツを買って、レストランへ行った。ク

ライアントたちは、シロウオの踊り食いを強く勧めた。メダカのような小さな魚がいっぱ

いボウルの中で泳いでいた。いやだ、美味しそうに見えなかった。私が躊躇している

と、「シロウオの一番美味しい時だよ。どこでも食べられないよ。」 どうしよう? 「一

発やってみよう。」(Go for it)。これが、初めて私がシロウオを食べた時だ。私は網で

何匹かを掬い、刺身用の小さいお皿に置いた。その上に醤油をかけた。その時シロ

ウオが皿の上で飛び跳ね、醤油をまき散らしたのだ!私の新しいワイシャツは醤油で

汚れてしまった。血と醤油。 何たる恐ろしい日だ。

  次の日、クライアントと一緒に、農家を訪ねた。我々はジャガイモ畑に行った。私は

会社の検査課でフィルムを調べてもらうために、泥の付いたフィルムをもらっていた。

空港へ行く途中、私はデパートへ寄って新しいワイシャツを買った。それに着替えた。

私は、紙袋に泥の付いたフィルムを入れた。機上で、私の前の座席の下にその袋を

置いた。離陸して30分経った頃、私の前の座っている女性が叫んだ。「誰か、私を助

けて」。多くの乗客が彼女を見た。乗務員が彼女のところへ駆け寄った。前日のサリン

事件のため、乗務員たちも緊張しているようだった。その女性は、震えながら、「ミミズ

が、ミミズが、…」と言っている。ああ、俺のせいだ。袋から這って出てきたミミズに違

いない。泥の付いたフィルムの下に隠れていたに違いない。どうしよう? 放ってお

け!」(Let it go) そっと私の方へその紙袋を引き寄せた。そして眠っているふりをし

た。しばらくして、乗務員が笑顔もなく、私のところへやってきた。私は彼女に尋ねる、

「何でしょうか?」 私が袋を隠そうと脚を組んだ時、私はコーヒー・カップをひっくり返

して、真新しいワイシャツにコーヒをこぼしてしまう.しまった! ああ、3度目だ。そ

の時,乗務員が、「お客様、すみませんがお席を真っ直ぐな状態に戻していただけま

すか?」 私は夢から覚めた。

Speech Time: 6:02      eligible

Evaluator: TM Takahashi  

 

4th speaker TM Hiroshi Sato  

Speech title: ”Space Exploration Hayabusa 2”  Advanced Manual

Techniical Presentations #4 Presenting a Technical Paper (8-10 minutes)

4番目のスピーチは20ページ近くに亘る大部なパワーポイント資料ですので、TM

佐藤 弘の了解を得て、次のように中心のみを短くまとめてあります。全部をご紹介

出来ないのが残念ですが、ご了解ください。

 宇宙探査の夢と挑戦として、ハヤブサ1のように、ハヤブサ2が2020年の12月に

カプセル分離→大気圏突入→ヒートシールド分離→パラシュート開傘の段階をひとつ

づつクリアして、無事オーストラリアの砂漠に着陸することを心から願っている。

 

Speech Time: 8:09      eligible

Evaluator: Written evaluation  

 

本日の General Evaluator は TM トマス・浅田が担当しました。

Presentation of Awards

 Best table topic speaker: TM 

 Best Evaluator: TM高橋

 Best Speaker: TM 佐藤 文夫 

 

Closing Thought by TM 小原

 最後に Closing Thought 小原さんでした。以下要約です。

「心せよ、誰とはなしに秋の風」(秋の風は、何の知らせもなく、万人に平等に吹く)。新聞によると認知症の患者は450万人に上る。軽症の患者を入れると850万人にものぼる。65歳以上の3500万人のうち4分の1がこの病気に罹る可能性がある。現在14兆円が費やされている。ある日突然我々も認知症に罹るかもしれない。トレーニングに依って正常な状態を保てるように、精神(脳)

も身体も健全であるように努めましょう!かのカエサルも「突然死は幸せな終わりである」と。

 

次の例会の役割は以下のように決まりました。次の例会は10月2日(火)です。

Opening Thought: TM 小原   

Word of the Day: TM   

Toastmasters of the Day: TM トマス・浅田

Table Topics Master: TM 清水  

Speaker:  TM 嶌田、TM 山崎、TM 佐藤 弘 

Timer: TM 佐藤 文夫

Vote Counter: TM 中村

Closing Thought: TM 長島

Meeting Reporter: TM 高橋

 

 

 

例会報告 第408回  Aug.21,2018

 

出席者: TM Ota, TM Yamane, TM Seki, TM Kurihara, TM Shimizu, TM Takahashi,

TM Togawa, TM Hiroshi Sato, TM TakanoTM Nagashima, TM Ohara, TM Nakaya,

TM Fumio Sato, TM Nakamura, TM ShimadaTM Liu  Guest: Mr. Chang

Total:17 attendees

 

 7時定刻に1分ほど遅れて太田会長より開会宣言。

 

最初に、太田会長より9月2日に浦和で、過去二度も日本代表になったことのある名スピーカー田村直樹さんのスピーチを聞く機会があるので希望者は連絡して下さい、との案内がありました。

 次に本日のTMD TM Togawa が紹介され登壇。

 

Word of the day By TM Shimada 

1. Pass down (次の世代に)伝える。

2. Pass for ~で通用する。 ~として通る。

3. Pass on  (情報などを)他に伝える。 回覧する。

 

Opening thought By TM Takano

車の運転中に路上で小動物にぶつからないような機器がもっと開発されることを望んでいます。 センサーで路上の動物を素早く感知するか、または動物が恐怖を感じるような音を車から発信すると良いのではないか。

 

Table topic session : The Master is TM Nagashima

1, “Ideal wife for you”

TM Shimizu : 理想的な性格を求めることは難しいことだと思います。自分とは少し好みが異なっている方が、いっしょに居ると心が休まるように思います。 1m.27s.

2, “Ideal family for you”

Guest Mr. Zhang : 自分の好みをよく理解してくれること、そして新年などに皆が集まって家族の絆を確認できること。 1m.35s.

3.”Ideal country for you”

TM Yamane : 安全で暮らしやすいことが第一なのですが、たとえ住みよくない国であっても、自分がその国をより良くすることに貢献できるならば、それもよい国と言えます。2m.12s.

Joke session By TM Liu

1. Talks between a wife and a husband

妻:私との10年間をあなたはどう思いますか?

夫:ほんの1秒だね。

妻:私にとって千ドルはどう?

夫:一枚のコインだね。

妻:じゃあ、コインをください。

夫:1秒待って。

2. An orange and an apple

先生:オレンジとりんごの違いは何でしょうか?

生徒:オレンジ色はあるけど、りんご色はない。

3. A doctor and a patient

患者:先生、私はとても心配です。これが私の初めての手術なのです。

医師:ご心配なく。私もそうなのです。

*今回のLiuさんのJokeはとてもわかりやすく、皆さんが楽しめました。

 

Prepared speech session

1st speaker : TM Ohara CC manual#8. Get comfortable with your visual aids

Speech title “Hydro generation and preventing disaster” 5-7minutes

小原さんのスピーチは大変にタイムリーなもので、水力発電と防災との関係について、実際に大きな水害が発生した愛媛県大洲市の肱川にある鹿野川ダムを1例として取り上げられました。

PCを使って床上浸水の被害を受けた“大洲記念病院”のまるで水の上に浮かぶかのような写真がプロジェクターで投影されました。

続いてこのダムからの大量の放水が大洲市内の被害をいっそう酷くしたと住民から非難されている鹿野川ダムの大きさと肱川の長さ・流域面積等が紹介されました。

島国である日本の河川は大陸の河川と比較しますと、流れの勾配が急で長さは非常に短いというはっきりとした特徴があります。

世界の主要河川と日本の河川との長さと勾配の違いが一つの図表で示されました。

ダム湖が非常に小さいことが洪水の調整を困難にしています。

例えば、TVA計画で建設された米国のフーバーダムは、そのダム湖=ミード湖単独の貯水量が日本国中の全ダム湖の貯水量合計よりもはるかに大きいという巨大なものです。

大発電所を動かすとともにラスベガスやロスアンジェルスに飲料水を供給しています。

 発電と水量調節のための私の解決策、その1.堰を建設すること。1mの高さで幅100mの堰は100-300KWの発電が可能であり、洪水の防止にも有効だと考えます。

その2.ダムの高さをかさ上げする。

高さを10%かさ上げすれば発電能力は70%アップします。

その3.ダムの活用:発電から洪水調整・飲料水の供給、砂防ダムでの発電。

砂防ダム、高さが10mで幅が20-30mのものから100-300kwの発電が可能です。このダムを発電に使うことで30%も発電能力が増します。

100のダムを造れば年間2兆円もの節約になります。

雨水は石油に匹敵する価値を持っているのです。

Time: 7m.58sec. not eligible

Evaluator : TM Hiroshi Sato

 

The second speaker TM Tsuyoshi Takahashi (Advanced manual Speaking

to inform #3 The demonstration talk

Speech title : “Do you enjoy delicious coffee?  Time 5-7minutes

 私の定義として、おいしいコーヒーとは、豊かな香りがあり、苦味と酸味の程よいバランス、そして飲んだ後のすっきり感があるものです。 

苦味と酸味の程度はあなた方の好みによります。

おいしいコーヒーは主にコーヒー豆の選別とどうやってコーヒーを抽出するかで決まります。 各種コーヒー抽出器具の中で、私は他のものよりも紙フィルターを好みます。

その理由はいくつかあります。 第一に、安価です。第二に、使うのがやさしくてかさばらないこと。特にコーヒーをいれた後の片づけが簡単です。

第三として、結局は紙フィルターが私にいつも美味しい味わいを届けてくれています。

 これから私が紙フィルターを使ったコーヒーのいれ方をお見せしたいと思います。

1.(コーヒーをいれる用意ができました。)

1)紙フィルターの2辺を互い違いに折る。

2)フィルターの2つの角を2本の指で広げる。

3)この手順で私は紙フィルターをドリッパーにうまくフィットさせられます。

4)ドリッパーをコーヒーサーバーの上に置きます。

2.(フィルターの中に適量のひいたコーヒーを入れます。)

  1)中引き粉を使いフィルターに粉を入れます。2)1カップ当たり10gの粉をすくって入れます。3)コーヒー粉の表面を平均にします。

3.(お湯を注ぐ時間)

  1)沸騰させた湯を90度くらいまでに冷まします。

  2)コーヒー粉を湿らせるために少量のお湯を注ぎます。

  3)15-20秒そのままにしてコーヒーの粉が次第に水分を吸収して膨らみ最高の香りが容易に抽出されるようになる時を待ちます。

4.(コーヒーの抽出)

  1)細い口のやかんでドリッパーの中央に円を描くようにお湯を注ぎます。その円弧は500円玉の大きさで、ドリッパー上のコーヒーの壁を壊さないように。

  2)注いだお湯の高さがドリッパーの縁に近くなったら、注ぐのを止めてお湯のレベルが1/3になるまで待ちます。それからまたお湯を注ぎます。

  3)サーバーの中のコーヒーが予定の量になったら、お湯を注ぐのを止めてドリッパーを外します。ドリッパーに残ったコーヒーを捨てます。残りには不快な雑味が含まれていますから。これが大切なポイントです。ケチらないこと。

5.サーバーの中の最良の抽出されたコーヒーは常に最初のドリップですし、最後のドリップは最悪になります。あなたの家族の中でだれが最良の部分を飲みますか?もしも貴方が最初のドリップを飲みますと、当然、あなたの配偶者はそれよりは味の劣るものを飲むことになります。公平に平等に良い味のコーヒーを保証するためには。

  1)コーヒーサーバーをゆすって回す。2)各コーヒーカップに少量ずつ入れてゆく。

これで皆様はコーヒーのいれ方について専門的な知識を得ました。

どうぞ毎日実践されて、家族のために素晴らしい“コーヒーマイスター”になってください。

そうすればあなたの家庭内での地位は、これまでよりも間違いなく高くなります。

Time: 6m.45s. eligible

Evaluator : TM Ota eligible

  

Presentation of awards

1. The best table topic speaker : TM Shimizu

2. The best evaluator : TM Hiroshi Sato

3. The best speaker : TM Takahashi

Closing thought by TM Fumio Sato

 この夏は非常に暑いうえに不快な湿気が多くてあまり外出しませんでした。

しかし、私には2つだけ良いことがありました。

その一つは、この暑さのおかげで我が家の家庭菜園のスイカの成長が非常に良いことです。

ツルではって伸びる植物のスイカには、成長のための広い空間が必要ですが、我が家の庭は

とても狭いのです。そこで私はスイカのツルが棚の上に向かって伸びるようにして、成長している実を小さなハンモックで支えるようにしました。

最初はうまく成長してくれるかどうか心配でした。

しかし、強い太陽光の下でもそよ風が棚を通り抜けると、スイカは順調に成長しています。

もうひとつの良いことは、庭にあまり多くの蚊を見かけないので、草取りも不愉快ではないことです。想像ですが、蚊も焼けるような太陽光の下では跳びたくないのでしょう。

この暑い夏も終わりになります。

皆様がこの酷い夏の日々を乗り切ったことは本当に喜ばしいことと思います。

 

8時30分に太田会長より閉会の宣言があり、例会は終了しました。

 

レポート作成者: TM K.Seki

 

例会報告2018年8月7日第407回

 

出席者18:TM Y.. Kurihara ,TM Seki, TM Togawa, TM Fumio Sato,

TM Nakamura, TM Shimizu, TM Takahashi, TM Yamazaki, TM Ota,

TM Ohara,, TM Nagashima, TM Vivian, TM Liu, TM Shimada,

TM Maruyama,TM Takano, TM Hiroshi Sato

Guest: Mr. Chou

 

19:00太田会長 開会宣言、挨拶

1) クラブのPR用チラシを作りました。全員が適当な所に置いてもらう

などして、会員増に繋げたい。

2) スピーチ情報(タイトル、目的、プロジェクト番号予定などTMShimizuに連絡よろしく。

3) 今日はGuest: Mr. Chouをお迎え出来、喜ばしい。

Mr. Chouは台湾出身です。

 

本日の司会(TMDTM Seki

 

本日の言葉(Word of the Day TM Takahashi

   Let it go, go for it, give it a go

 

Opening Thought: TM Nagashima

 大阪難波の花火大会を見ました。指定席券が1万8千円に驚きました。

 が、ボランティアの協力、指定席等見学券の売り上げなど庶民の力で

 運営されているのに感心しました。

 

テーブルトッピクスTM Fumio Sato

  一番美味しかったランチは?

 TM Liu:富士山に登ったあとに食べたランチです。

      登るのは大変で息をするのが精一杯で食事どころではなかった。

      ご来光をみて大変感動しました。

      下ってきても食欲はなく、少ししか食べられなかったが、最高

      でした。

 一番良いレストランは?

 TM Togawa:インドカレーのレストランです。

       しかし、本物は少ないので良く探すことが大切です。

 一番良いマーケットは?

 TM Maruyama: Yaokoです。週一回ほど妻と食料品など買い物に行きます。

         妻が買い物に時間を取っている間、2階の本屋に行けるからです。

 

Joke Master: TM Kurihara

ジョーク一つとなぞなぞ(Riddle)二つです。

 ジョーク:ある大変暑い日に男は友人がとても熱い歩道で何かしているのを見かけました。

      男は友人に尋ねました「こんな暑い日に何やってるんだい?」

      友人が答えました。「火を使わずに熱い舗装の上で卵焼きを作ろうとしているところだよ。」

Riddle 1: Q=熱い夏の日に最も冷たい字は?

     A=冷たい紅茶=Iced Tea= Iced T

Riddle 2: Q=熱と風邪、どちらが速い?Which is faster, heat or cold?

      A=熱.風邪は引くから。Heat, because you can catch a cold!

 

Prepared Speech(用意したスピーチ)

 

TM Vivian:「目を大きく開けて見ましょう日本で何を学んだか」

 

 私は2016年1月に日本へ来ました。2年半になります。

過去数年間を思いだしますと、日本での仕事と生活を経験しようと目を大きく見開いていました。独特な経験を通して本当に沢山のことを学びました。

今日は3つの観点から私の見解を述べたいと思います。

 

1.ディズニーシー

最初に日本へ来たのは2014年の夏で、太陽インクとDeloitte Japanの面接でした。大連の友人と採用試験室に行ったのを良く覚えています。

最初にDeloitte Japanの面接を受けましたが、3次面接で落ちてしまいました。

少し落胆しましたが、翌日リラックスするためにディズニーシーへ行きました。

が、孤独ばかりでした。

一人でディズニーシーへ行くのは世界で最も孤独な事です。

何もかも最高に孤独でした。一人で入場を待つ列に並んだり、一人で遊んだり、

一人で歩いたり、一人で食事をしたり、などなど本当に孤独でした。

が、常に自分のリズムに従い、自分自身と共に時を過ごしました。

その時はこれが将来の孤独で自由な日本での生活の前触れであることは知りませんでした。

 

ディズニーシーでたまたま起こった面白い話です。

小さな列車を待っている時、スタッフ(係の人)の表情を見て居ました。

女性のスタッフは列車が出て行くとき乗客にとても温かい笑顔で手を振ります。

が、列車が行ってしまうと突然表情が変わり、とても退屈そうな無表情になりました。

 この様な変化はファミリーマートはじめ他のサービス現場でもその後日本で

良く見られました。

私は只、暖かく心がこもった様なふりをすることがどんなに大変であるかを

云いたいのです。多分日本の必要以上なサービスをするシステムにるもの

と思われます。

しかし人間は結局人間です。

24時間笑みを絶やさないロボットの様に振る舞うことは不可能です。

過剰なサービスが正しいレベルで管理出来れば、お客、スタッフ双方にとって

より良くなるのではないだろうか。

 

2.日本語の勉強

私は日本語試験レベル2を通りましたが、日本に来て、日本人と意思疎通するのが大変難しかった事を覚えています。

 ディズニーシーのアラビアで日本人が語る話を聞きました。

私は直ぐに眠ってしまいました。全く話を理解出来なかったからです。

恥ずかしかったので、中国に帰ってから、日本人の心や精神を自分で学ばなくてはと思いました。

 1年後、3回失敗した後、日本語レベル1を取りました。

そして2016年に仕事で日本へ来ましたが、日本語を全く自由に使え

ませんでした。特に、聞くこと、話すこと、報告書を書くことが難しかった。

 パニックになった様で、悩みました。

 ある日、会社の幼稚園を訪れる機会がありました。

小さな女の子が私にどうしてそんなに日本語が下手なのかと聞くのです。

私は何もしゃべれず、黙ってしまうばかりでした。

同僚が時間の問題、時がたてば自然に解決すると慰めてくれました。

確かにそうです。

1年後日本語のスピーチや会話の75%が分かる様になったと思いました。

今は90~95%です。

この経験から誰でも自分のリズムをもっている、他と比べることなく、自分の心に従うことだと理解しました。

誰もが20代で結婚し、家を買い、30代で子供を持ち、海外へ行った時、外国語を良く話せる訳ではありません。

しかし待っていてはダメです。やってみる、良く働く、結果は時間にまかせる、時間が答えます。時間が悩みを解決します。時間が人生で何が最も大切か教えてくれます。

 

3富士山への旅

先週末Lieuと台湾の友人2人で富士山に登りました。

それはとてもつらく、疲れることでしたが、御来光を見た時すべてが報われました。

友達に感謝しなければなりません。荷物を担いでくれたり、彼らの助けが無ければ、今もきっと未だ富士山に留まっているでしょう(笑)。親愛なる友人と忘れがたいこの旅はいつまでも覚えていることでしょう。

 

最後に最少でなく親愛なるトーストマスターズの皆さん、歓迎・送別会と

用意して頂いたプレゼント有難う。中国に帰って夫、家族、友人と一生懸命幸せな人生を目指しますが、皆さまのことはいつも心の底にあります。

 今日皆さまに別れを告げなければなりません。

 皆さんに詩を贈りたいと思います。

 

 静かに私は行きます

 静かに私が来たときの様に

 静かにお別れの手を振ります

 西の空の雲に

 

 Time:647 eligible

 

TM Hiroshi Sato「航空機問題」

 

  前回7月17日“夢と挑戦、品質問題と宇宙開発その1”と題し、先ず品質問題を取り上げ、タカタエアバッグ破裂を事例に、危機意識、原理原則、外部の意見を謙虚に取り入れる経営と夢と挑戦に触れました。

 

今日はその2として品質問題、航空機関連についてを話します。

航空機関連で最も注目される問題はMRJです。YS-11の後継として

期待されている中型旅客機です。

 2013年に初号機は航空会社に引き渡される予定でしたが、5回も

納入が延期されています。現在2020年頃とされていますが、それ以降

とも言われています。

 主な原因は完成真近になってからの設計変更、雨漏りなどの不具合などです。

 開発・納入遅れによる損失は500億円以上です。この損失を埋めるために自動車部門を売却したと報じられています。

 原因はエアバッグと同じく、危機意識の不足と云われています。

世界を代表するエアショウでもその一旦が見えます。ライバル各社は

協力しあい、新型機種の売り込みに展示のみならずデモフライトなど積極

的に行い納入拡大を図っています。

 対して、MRJは展示室をエアショウ会場に設けていますが、来客の

人影も見えないばかりか、展示用の模型機体もありません。

 エアショウ関連論評がM社の問題点を指摘しています。

それは、政府から安定的に仕事を貰ってきているので、闘争心がなく、

米国など先進国に学ぶことが第一義になっている。

それゆえ、学習する人が主流となり、自ら切り開こうとする人が少ない。

先ずは、疑問を持つ能力、経験と現場重視が必要である。

業界も競合他社も進歩しているので、時流に追い付くと共に更なる開発

が必要である。

 MRJと対象的な例はホンダジェットです。7人乗りの小型ジェット機です。2015年に発売、昨年2017年には43機納入し、小型機の

王者セスナの39機を超え、世界ナンバーワンになりました。

 ホンダジェットの成功は独創性に有ります。だれも見向きしなかった

翼の上にジェットエンジンを配置したことです。

スピード、燃費の大幅な改善のみならず、機体容積が格段に大きく、

しかも機体内部が大型旅客機並に静かになったこと、更にはトイレも設置

出来る様になり、東京~北京の比較的長距離の飛行も可能になったこと

です。

 開発は夢の実現にありました。他社に見られる組織優先ではなく、

個々人の情熱が原動力になりました。

「自動車屋に飛行機が作れるか」、「専門家を雇った方が早い」などの声

にめげず “誰でも飛べる”創業者の夢を技術、設計の優位、独創をバネ

に開発が行われました。

その精神はホンダジェット社に引き続がれました。

成功の鍵は社の理念、夢の力The Power of Dreamsです。

 

夢の力、

夢を追いかけましょう

それは力をくれます

それは人々を固く結びつけます

それは困難を乗り越えることを可能にします

それは新しい創造と画期的なアイデアを生みます

 

Time: 1149 eligible

 

本日のAward

Best Table topic Speaker:   TM Liu, TM Togawa,

Best Evaluator:              時間超過のため当該者なし

Best Speaker:                TM Vivian

 

Closing Thought: TM Takano

  最近の暑さにより野菜の値段が高騰しています。台風も心配材料です。

 政府関係機関でも確かな予測ができていません。

 本当にお天気次第です。

 

例会報告 2018717日第406

出席者 TM Kurihara  TM Hiroshi Sato  TM Nakamura    TM Seki  TM Shimizu  TM Ota   TM Takahashi   TM Nagashima  TM Fumio Sato            TM Nakaya  TM Maruyama   TM Vivian     TM Yamane          TM Ohara    TM Takano       TM Shimada

                                                計16

 太田会長 宣言 19:00

次の3つについてお話がありました。

729日に歓送迎会が行われること。

TM Shimizu Advanced Communicator Bronzeを受賞したこと。(贈呈式もその場で行いました)

TM NakamuraToastmaster InternationalからPathwayの調査員に選ばれたこと。

 また前会計担当のTM Takahashi から詳細にわたる前年度の会計報告がありました。

 Toastmasters of the Day  太田会長より紹介があり、TM Kurihara の司会進行により進められました。

 Word of the Day TM Nagashima

Pleased 例文を示し、使いやすいように説明してくれました。

 Opening Thought: TM Ota

 焼けつくような暑さが続いていますが、皆さん、大丈夫ですか。我が家のエアコンは常に活躍中で、電気代が跳ね上がっています。西日本で豪雨の被害にあわれている方、ボランティアの方たちがどうぞ健康でいられますように。

Table topic session TM Ohara

今回は災害の時にどう対応するかについて質問をしたいと思います。

1、洪水でレスキュー隊が来るまで、水が止まっていたらどうしますか。           回答者 TM Takahashi   Time 1’48”

洪水の水を二階からすくいます。コーヒーフィルターで水を浄化してから飲み水として使います。

2、洪水で1週間トイレが使えなかったらどうしますか。

回答者 TM Nakaya   Time 2`12

たまたま2階にトイレがあるのでそのトイレを利用します。

3、洪水等の災害にあい、財布も通帳もカードもなくなったらあなたはどうしますか       

回答者 TM Seki  Time148

災害にあわないところに住んでいるので、安心していますが、見回りに来た警察官が渡してくれることもあるそうです。それを期待して待っています。

Joke Master  TM Vivian

2つのジョーク話をしてくれました。

1、 日本では綺麗だね、美しいね、と言われると、ほとんどの人が「いいえ、いいえ」と言います。中国人はそう言われると「ナーリ、ナーリ」(どこどこ)と言います。つまり英語で言うと「where, where」なのでEverywhereと答えます。

2、 英語では決まり文句でHow are you?と言うとI’m fine thank you.という言葉が返ってきます。山の頂上にいたジミーに向かってマリーは How are you? と言いました。ジミーからI’m fine thank you.という返事が返ってきました。でも彼は滑り落ちて死にました。

Prepared Speech

   1st   speaker TM Shimada (CC Manual #2 Organize your thought 5-7minutes) Time 6 ’51” eligible

       Speech Title “English and I

今晩は皆さん。初めに私は、質問とともにお話を始めたいと思います。皆さんは、古い蓄音機に注意深く耳を傾けている犬のロゴを、見たことがありますか。その犬の名前はニッパーといいます。彼はいつも彼の飼い主の声を静かに真剣に聴いていたのです。その後、飼い主はなくなりましたが、ニッパーは良い聴き手としてたくさんの人に知られるようになりました。子どもの頃、私はどうだったでしょうか。このことは、私に英語を学び始めた頃の子どもの時を思い出させてくれます。もし私がニッパーだったら、蓄音機をカセットテープに置き換えてよく英語を聴いたことでしょう。

小学校に入ってから、私はよく「英語のおけいこ」というカセットテープに録音された教材を聴きました。そのプログラムには4人の登場人物がいました。スージーはヒロインでブロンドの髪の毛をしていました。そしてお父さん、お母さん、弟のボブです。私は初めてカセットレコーダーをかけた時、英語の音が自然に入ってきました。パジャマやスリッパの英語の発音を人生の中で初めて聞いた時の印象を、けして忘れることはできません。なぜならその音は、私の知っていた音と全く違っていたからです。私は何度も何度も聴きました。そしてその音をコピーするようにしました。もしニッパーが私のカセットレコーダーに耳を傾ける姿を見たら驚き、笑ったことでしょう。私の母親はけして強制はしませんでした。でも私はこれらの英語の音を楽しみ、まるでお気に入りの音楽を聴くように口ずさんでいたのです。

中学生になって以来、私の英語学習はカセットテープからラジオ英会話プログラムに変わりました。NHKのプログラムで朝早く起き、聴くようになりました。

私は高校生の時、英語クラブのような言語クラブに所属していました。その時、「ロミオとジュリエット」や「リア王」など英語ドラマにチャレンジしました。高校卒業後英語を学ぶことは可能でしたが、理系の学部を選びました。その後、英語はそれほど興味がなくなりました。技術系にもそれほど興味がなく、居心地もそれ程よくありませんでした。

それから30年経って私は、再びラジオで英語を聴き始めました。今では毎日仕事へ行く途中、英語を聴いています。今はスマホで簡単に聴くことができます。いろいろなプログラムがあり、一つだけ選ぶのは難しいです。英語学習復帰までには、長い時間がかかりましたが、少しずつ慣れていきたいと感じています。

結論として、私は自分の目標を、皆さんに伝えたいと思います。英語のすべての文章を暗記することはできませんが、私が思ったこと、表現したいことを即座に英語で言えるようにしたいのです。まだ私の語彙は豊富ではないし、冷蔵庫に何も入っていないような状態です。でも、鶴ヶ島トーストマスターズクラブのたくさんの皆さんから学んでいます。少しずつ英語を操れるように向上していきたいと思っています。

Evaluator TM Yamane 3’15” eligible

2nd  speaker TM Fumio SatoAdvanced Manual #2Humorously Speaking 57minutes) Time 6’18” eligible

Speech title “Bright”

私は大学生の時、卒業したら、放送業界で仕事をしたいと思っていました。そんなわけで私は土居まさるのバラエティーショーの視聴者の一人として、TV関係の仕事のアルバイトをしていました。土居まさるは当時、人気テレビタレントの一人でした。私はショーが上手くいった時の、拍手喝采役として雇われました。それだけではなくお客さんが少なかった時は、なぞかけゲームにも参加しました。例えば、土居まさるさんが、「ノーベル受賞者は何に匹敵しますか?」と,尋ねてきた時、私は「トレンディーエンジェル(人気コメディーのデュオ)のようだ」と答えました。「その理由は?」と尋ねられたので、「両方ともあまりにも輝いているから」と答えました。不運にも、私はテレビ関係の仕事では働けませんでしたが、放送関係で働く人に興味を持ち続けていました

そこで今日は、ラジオアナウンサーの大林さんについて語りたいと思います。彼は現在、総理大臣のような有名人の葬儀の生放送を、専門にしています。大林さんは言います。「私が放送局で働いていた時、私の上司は、「君の声は低くて暗い感じだな。ラジオアナウンサーとしては向いていないなあ。」 

数か月後大きな事故がありました。島倉千代子のコンサートでたくさんの視聴者がドミノのように倒れ、亡くなったのです。大林さんのラジオ局がそのコンサートのスポンサーでした。彼はラジオで謝罪しました。心の底から謝りました。するとどうでしょう、彼の上司が「君のスピーチは多くの視聴者に感銘を与える素晴らしいものだったよ。」「君の低い声はまさにぴったりだよ。」とほめてくれたのでした。それ以来、彼は、葬儀の放送を担当するアナウンサーになったのです。

大林さんは言います。「葬儀の放送をするときには、二つのことを肝に銘じておきなさい。一つは事前にさわりの部分を暗記しておくこと、即興の部分以外はね。さわりの部分はとても大事なんだよ。素早く暗い雰囲気をつくるんだ。天気について語るのは良い方法です。雨が降っていたら好都合だね。例えば、空が灰色で朝から雨がしとしとと降っていたり、または肌寒い天気だったりしたら葬儀は荘厳な雰囲気で始められるよ。」「二つ目はゆっくりと適切な言葉ではなすこと。けして明るく不適切な言葉を使ってはいけません。春の日に、突然雲の後ろから太陽が現れ、日差しがさして来ても、けして空が明るくなってきました、などと言ってはいけません。かすかに薄い日差しが差し込んできましたと言いましょう。」大林さんは続けます。「即興での葬儀の放送をよりよくするために、私は常に自分の仕事のことを考えています。例えば、休日、電車に乗った時も、もし電車が脱線してたくさんの人が亡くなったとしたら、何て話そうか、また、無意識に乗客数を数えたりしています。何しろ放送進行中、葬儀アナウンサーはすべての話に責任をもって担当していかなければなりません。プロ野球の放送のように、あなたの隣に解説者はいないのですから。」

今後、彼にとって重要なことは、天皇が崩御されたとき、どのような表現でどのように話すかです。つまり、どのように皇室葬儀に用いられる礼儀正しい表現や言葉をトレーニングするがだそうです。例えば皇室の人たちの行列など。

最後に彼は申し訳なさそうに言いました。明るい言葉(Blight)は葬儀アナウンサーとしては忌み言葉です。しかし私の名前は光(Blight in English)そして私の妻の名前は晴子(Clear sky in English)です。

  Evaluator TM Seki   Time 3’08 eligible

3rd speaker TM Hiroshi SatoAdvanced Manual Technical Presentation #4 Presenting a Technical Paper 1012minutes) Time 13’15” ineligible

Speech title “Dream and Challenge in Quality matter and Space Exploration the 1st part”

     序文

   私は小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトに関わる仕事をして来ました。歴史的に、小惑星「イトカワ」から地球へサンプルを持ち帰った唯一の人工衛星です。2010年に搭載カプセルはオーストラリアに落下させました。ハヤブサ帰還後、すぐに私はスピーチをしました。

   さて、「はやぶさ2」のプロジェクトが進んでいる中、私のスピーチを思い出した私の友人から、「はやぶさ2」とその将来、そして最新の品質管理等についてスピーチするよう依頼がありました。そこで私はスピーチする内容を何回かに分けて皆様にお話しします。

   内容 1 品質管理向上 エアーバッグ エアープレイン

      2 はやぶさ2  火星探査  木星探査

   今回はエアーバッグについて話します。エアーバッグは初期の段階は、日本で発展してきました。そしてメルセデスベンツなど輸入車の安全証明検査なども行ってきました。シートベルトの華々しい発展も、初めは日本でした。しかしタカタのエアーバッグの問題が起こり、エアーバッグの破損による事故により、アメリカで11名、世界では17名が亡くなりました。その後の適切な処理が遅れたため、タカタは1兆円の負債を抱え、2018年に倒産しました。日本の自動車業界も、その影響を受け苦しみました。そしてついに中国の企業に吸収されてしまいました。

   原因はいくつか考えられます。タカタの社長は、外部からの情報やアドバイスを重んじなかったそうです。そして母に頼り、家族の意見を尊重し過ぎたそうです。特にエアーバッグの破損については、次の原因が考えられます。

  ○信念・信条の欠如

  ○コストを下げるため、他の会社が使用しているグアニジン硝酸よりも、安全性に欠けるアンモニウム硝酸を使用

   タカタの失敗の原因にひとえに夢がなく、チャレンジ精神に乏しかったこと、前任者の後を継ぎながら常に内向きの経営をしていたこと、危機管理に乏しかったこと、現場に根差した信条がなかったことに尽きると思います。また次回続きのお話をします。

Report of the word of the day TM Nagashima

   次の方が使用してくれました。

  TM Seki  TM Ohara  それぞれ2

  TM Hiroshi Sato  TM Ota  TM Fumio Sato  1

○本日のAward

Best Table topic Speaker:   TM Takahashi

Best Evaluator:              TM Yamane

Best Speaker:                TM Fumio Sato

Comments

 TM Takano

 今日のミーティングはとても楽しかったです。

  TM Shimizu

 甥の結婚式に家族で参加してきました。彼らにはすでに子どもがいて、結婚式・披露宴にその子供と一緒に参加しました。初めは甥の妻の両親に反対されていましたが、妻(彼女)の粘り強い説得で結婚を許してもらったそうです。心に残る結婚式でした。

Closing thought TM Maruyama

丸山さんはボランティア活動をたくさんされていますが、今回は外国人のための高校進学ガイダンスという活動について話されました。729日にグラッセ川越5階研修室で行われるそうです。身の回りにいる外国人で高校進学等に困っている方がいたらぜひお知らせください。本人でも保護者等でも結構だそうです。

Meeting adjourned President Kurihara

Business Session TM Nakamura

Role for next meeting (August 7th)

Prepared speaker:  TM Vivian TM Maruyama TM Hiroshi Sato

Toastmaster of the Day: TM Seki 

Table Topic Master: TM Fumio Sato

Word of the Day: TM Takahashi

Joke Master: TM Ohara

Opening thought: TM Nagashima      Timer TM Shimada

Closing thought: TM Takano     Reporter TM Hiroshi Sato

 

 

 

 

 例会報告 2018年7月3日 第405回
出席者  18名: TM T. Asada Grant, TM M. Nakamura, TM Y. Kurihara,
TM Wenqi, Liu, TM I. Maruyama, TM N. Nagashima,
TM S. Ohara, TM E. Ota, TM H. Sato, TM F. Sato, TM K. Seki,
TM K. Shimada, TM M. Shimizu, TM T. Takahashi, TM H. Takano,
TM Vivian , TM T. Togawa, Guest: 久保直也さん
19:00  太田会長 開会宣言。
初めに、太田会長より、本日の例会がtoastmasters clubの新年次の最初の例会であり、新年次のクラブ役員の紹介がおこなわれた。また、当鶴ヶ島クラブのメンバーである佐藤弘さんが、Area13の新年次Area Governorに就任されたとの紹介がありました。また、本日の例会にゲスト久保直也さんが紹介され、ゲストの久保さんより自己紹介がありました。
次に、会長より、本日のToastmaster of the DayのTM Thomas Asada Grantが紹介され。
以降、TMDのTM Thomas Asada Grantの司会で、例会は以下の通り、進行した。
TM Maruyamaより本日の Word of the day “Improve, improvement” が紹介されました。
○Opening Thought by TM Nagashima
今年に入って何か新しいことを始めましたか?
私はコントラクトブリッジというゲームを習い始めました。今、毎週火曜日に川越まで入門コースに通っています。
世界で1億人以上のプレイヤーがいて、全世界共通ルールなので、わたしもオンラインで世界中の人とプレーできるのを楽しみにしています。
皆さんも何か、新しいことはじめてみませんか?
 ○Table Topic Session
本日の Table Topic Masterは TM Takanoです。
以下の3つの質問が出されました。
1. “Earthquake地震”  回答者:TM Fumio Sato , Time: 2:23      eligible
ご自身が仙台で経験した大地震の事を話されました。
2. “Ambulance救急車”  回答者:TM Togawa, Time: 2:03 eligible
  ご自身が工場の総務部門で勤務されていた時の工場災害(工員の方が工場の機材にぶつかって死亡された)の際の救急車を呼び、病院まで救急車に同乗し同行したfirst-handの経験を話されました。
3.  “Fire火事”  回答者:TM Hiroshi Sato, Time: 1:55    eligible
   ご自身が子供の頃に地元長野県の上松町で経験された町の大火の経験を話され、恐ろし経験というよりも、火事の燃え盛る炎の美しさ、自家製味噌の焦げた時の香ばしさの記憶を話されました。
次にJoke Sessionでは、TMTakahashiより、次のJokeが紹介されました。
Joke1:英語のある単語またはフレーズの発音に似通っている、日本語の言葉。
ある老人が電車に乗っていて、友人に会いました。英語の通訳ガイドをしているその友人は、アメリカ人と一緒でした。その友人は、その老人をアメリカ人に紹介し、老人がその地方の特産品について日本語で話した内容を、英語でアメリカ人に通訳しました。
その老人は汽車を降りようとした時、そのアメリカ人は”Good-bye, take care of yourself” とその老人に話しかけた時、その老人が“御無礼しましたgoburei simasita” と返礼したのを聞いて、そのアメリカ人は(この老人は英語が話せるのか!) と驚きました。というのも、そのアメリカ人には goburei simasitaが, “God bless you”と聞こえたのでした。

Joke2: MLBの チーム LA Angelsの監督 マイク ソーシアが日本人記者たちにピッチャー大谷をどの様に起用するかについて説明していた時のことです。
ソーシアは、”他のピッチャーと同じく、大谷には如何なる制約restrictionを設けない”、と言い、続けて、” ところで、Restrictionは日本語では何で言うのか” と質問しました。
そこで通訳は、”Seigen” と答えました。ソーシアは “restriction” と繰り返しました。
その通訳も ” Seigen” と繰り返し答えました。
そこでソーシアは、通訳に対して “ 君は、restrictionは、日本語では “ Say again ( Seigen) もう一度言って” と言うのかい?” と聞きました。このやりとりを聞いて、ソーシアと記者たちは、一斉に笑い出しました。それからは,ソーシアにとって、Seigen nashiが 覚えた日本語の一つに加わりました。
次に Prepared Speech Session に入りました。
1st Speaker TM Liu
Speech Title: “World Cup -Why Chinese football team perform so badly? ”
   5 – 7 minutes      (Competent Communication Manual #2 Organize your thought)
TM Liuのspeechは、日本チームがアジア代表として初めて南米のチーム(コロンビア)に勝利し、また、韓国チームが前回リオのWorldCupの優勝チームであるドイツに勝つなど、今回のWorld Cupで大きな足跡を残したのに比べ、中国のfootballチームが、World Cupにさえ出場出来ない3つの理由を話され、これからの中国チームがどう改善すべきかについて話されました。
第一の理由は、中国では、footballは人気のあるスポーツでなく、日本のサッカー人口50万人、フランスは100万人以上というのに比べ、中国のサッカー人口は約8000人と少なく、若者はfootballにあまり関心がないことです。
第二の理由は、中国のサッカーチームは、悪い評判bad reputation, つまり、playerたちのモラルの低さ(汚ない言葉づかい、ケンカをする、麻薬やsex スキャンダルがしばしばnewsとなる),
更に良く無いのは、彼らが1 million dallors以上の高給を受け取っており、練習にも真剣に取り組まず、チームとして良く統制の取れたチームワークが出来ていないことです。ですから、試合でも、直ぐ諦めてしまう。中国選手達は、自分の高給で中国国内で安楽に生活するばかりで、外国に出かけ外国チームの中でskill upしようとするハングリーな姿勢がないのです。
第三の理由は、これが一番重要な理由ですが、中国では、若い人達にとって、サッカー選手になる事は、良い人生選択とは考えてません。両親達や学校の教師達は、子供たちに、良く勉強することが、良い人生を可能にする、と固く信じており、サッカー選手になる事をサポートする考えは殆どありません。
しかし、中国の人々が、勉強だけが自分の人生を変えることが出来ると言う固定観念を変えて、子供たちに自分自身で様々な自分の将来を切り開く事ができる様、自由と機会を与えるべきです。
中国社会の発展が、深刻な不均衡を生み出している現状では非常に困難なことですが、中国社会が更に発展することで、子供たちが、サッカーだけでなく、色々な人生の選択をできる様にサポートしてあげれる様になると信じてます。Speech Time:  5:48    eligible
Evaluator: TM Takahashi, Time:  4:22  time over

Second Speaker: TM Vivian
Speech Title: “ limited and unlimited”
( CC Manual #3  Get to the point)

近々、中国に帰ることになったTM Vivianは、ご自分の子供の頃に心臓の病気という辛い経験を通して、”何が限りあるものか、何が限りの無いことかLimited and unlimited” という哲学的とも言えるご自身の到達した、人生に対する考え方を語ってくれました。
人は、”人生には終りがあり、人生は限りある時間とのゲームである” ことを忘れて、自分の人生は終りが無い、じぶんの親しい人々とは永遠に一緒に居られる、と考えてしまいます。
私も、8才で病気になる迄、そう考えていました。しかし、8才で重い心臓の病気に罹り、脈拍は1分間に200回になり、とても疲れやすく弱ってきて、自分のカバンも持ち上げられないほどでした。学校での勉強を諦めて、毎月曜日 子供病院に通院するようになり、お医者からは沢山の西洋の薬と漢方薬をもらい、毎日それらの苦い薬を服用しなくてはなりませんでした。
病気に罹り半年が過ぎ、私の祖母が私にとても優しく接するようになったことに気付くようになりました。私の欲しがる物は何でも直ぐ買ってくれました。ある晩私が目を覚ますと、祖母がひっそりと泣いていました。何年も経ってから祖母から聞いた話では、お医者は、祖母に、あと1-2年の寿命しかないのだから、その子(私)には美味しい食べ物を与え、幸せに思わせてあげなさい、と言ったそうです。ですから、祖母は、出来ることなら、この子の病気が治る事なら、この子(私)に代わって、死んでもいいと思ったそうです。
この病気のお陰で、私は、はじめて、人生、生命には限りがある、ことを悟り、とても恐ろしく、完全にパニックに陥りました。自分の心臓が恐ろしい速さで鼓動し、身体が衰弱して行きました。そこで、努めて冷静になる様にし、仏の教えに耳を傾けました。自分の故郷の近くに仏教の有名な山(五台山)があり、そこから親類が手に入れた、仏の教えに関する多くの本を詠みました。仏の教えでは、生きる者には色々なgenerationがあり、たまたま、この世ではあなたは人間であるが、次の世では、あなたは動物や樹木や石や空や海であるかも知れない、はたまた、仏にもなれるかも知れない。実際に、人生、生命は終りがなく、限り無い。仏教の教えを知ったその時、その様な仏の考え方を知り、自分の気持ちが楽になったのでした。そのようにして、生まれてはじめて、”限りある事と限り無い事” の意味を理解しようとしました。私は、仏教の静かな音楽に耳を傾け、自分の病気を別の視点から見てみようとしました。病気で学校に行く必要がなく、自分の自由な時間を使って、毎日自分で勉強し、テレビで色々なドラマを見ました。実際に、この様な自由な生活が有難かったです。ここではじめて、なにかを失っても、同時に何かを得ることができると理解するようになりました。生命には限ると同じ様に、困難、苦境も又限りがあります。ある日、その両方が生命の終りと同時に終わる。しかし、spiritには限りが無い、知識には限りが無い、愛には限りが無い。生命と死、健康と病気、幸福感と悲しみ、限りある事と限りが無いこと。
時々、私達は、コインの片面だけ強調し、他の片面を無視しがちになります。そのことが、苦痛、苦悩が生まれる原因です。
私の子供の頃の話は、結局Happy endingになりました。良いお医者さんに巡り会い、病気を治して貰いました。そして学校に戻り、一生懸命勉強して大学に入り、そこで主人と出会い、一緒に勉強し、卒業しました。来月、主人と中国に戻ります。私がこのトーストマスターズクラブで英語を学んだのはたった3回だけですが、今日皆さんに私の子供の頃の経験を話しました。私は、皆さんに”限りあるものは何か”, “皆さんの人生で大切なものは何か” について、考えて貰えたらと思います。また、余り大切では無い人々や考え方にあなたの時間を無駄に使うことなく、ご自分のために大切な趣味などにより多くの時間を費やして頂きたい。最後に、次の一言を皆さんと分かち合いたいと思います。”ある事が終わってしまうからと言って泣く代わりに、それが起こったことを喜び微笑みましょう。私達が別れるからとって悲しむのではなく、出会えた事をハッピーな事と喜びましょう。” Don’t cry because it came to an end, Smile because it happened.
Don’t feel sad because we are going to leave each other. Feel happy because we met each other.
Speech Time:  6:08    eligible
Evaluator: TM Togawa, Time:  3:04  eligible

The third Speaker: TM Seki
Speech Title: A hungry boy
Advanced communication series , Speaking to inform
今回TM Sekiは、hungryについて話してくれました。戦後の食糧難の時期に子供であったTM Sekiの食べ物に対するhungryの思い出から始まって、その後、日本の経済成長を経て、豊かになった現在の日本では沢山の食べ物は無駄に捨てられています。
現代の変化して止まない世界に住む私達は何に対してhungryなるべきなのでしょうか。
ここで、私は、もう一つ別のタイプのhungryの必要性を提案したい。
それは胃袋に関してではなく、我々の心に関してのhungryです。何か新しい事を知りたいという心の渇望です、この意味のhungryは我々の将来の生活にはとても大切です。世界は毎日のように変化を遂げています。AIやITテクノロジーをどのように使いこなすか.?
Cancer やDementiaを治療するには、どのような新薬を開発できるか?
我々の知る能力の進化は、どれだけ知に対する渇望が強いかにかかっています。
現実の世界の変化、トレンドに敏感である事が大切です。
Speech Time:  5:52    eligible
Evaluator: TM Shimizu, Time:  3:00  eligible

TM Maruyamaから word of the day ( Improve, improvement) のレポートがありました。
TM Nakamura から General Evaluation総評がありました。
TMD Asada Grant から 次の通り本日の各賞の発表がありました。
Best Table Topic speaker: TM Fumio Sato
Best Evaluator: TM Shimizu
Best Speaker: TM Seki

Closing thought speaker : TM Ota
今日から一年間、クラブの会長として、このクラブの活動をよりenjoyable, friendlyなものとしたいので、皆さんと協力して、クラブ運営に当たりたい。

Business Session by TM Nakamura
次回7月17日の例会での役割分担
TMD: TM Kurihara
Word of the day: TM Nagashima
Opening Thought: TM Togawa
Table topic : TM Liu
Joke master: TM Vivian
Prepared Speakers:
1st speaker : TM Shimada
2nd Speaker : TM Fumio Sato
3rd  speaker: TM Hiroshi Sato
Closing thought: TM Maruyama











本日の General Evaluator は TM M. Nakamuraが担当されました。

○一年を振り返ってメンバーの感想(今期最後の例会であることから特別プログラム)
TM Ohara  火曜日に仕事ができ忙しくなったが、いろいろの英語経験を積むことができた。
スピーチを頑張っていきたい。
TM Kurihara  TMクラブに入って6年、今期はスピーチ1~2回だったのでもっ
増やしていきたい
TM Nakaya 5スピーチ実施。いいストレスを持ちながら挑戦し論理力を高めたい。
      来期は沢山のスピーチと ユーモア・説得力 強化につとめ楽しみたい
TM Liu   ジャック・マー創業のアリババグループのラジオを通じて5年間無料で
勉強した。成功の為に勉強を続けたい。
TM Vivian  2016年2月 来日。友達が中々 出来ずカルチャーショックを経験したが
       今は努力のかいあってカラフルな日々となっている。
TM F Sato  今期は14回出席できたが1回のスピーチだったので 3回以上出来るように頑張る
TM Takano  朝NHK 英会話タイムトライアルで勉強しています。日常生活の身近なこと、大阪地震も知った
TM Nagashima 会員になって3年、最初はドキドキして話していたのが、今はなくなりました、
TM Shimizu  会長として春のエリアコンテストを上手く実施できたこと。太田さんが
ディビジョンコンテストで2位に輝きました。皆のサポートあってこそ。
TM Nakamura 4人の新メンバーがすでに大活躍してくれて、とても積極的な雰囲気になっている
TM Seki   清水会長の気配りに感心していました。素晴らしいバイタリティーに感謝。
TM Maruyama 4年たちます。昨年8月 大変な体調でしたがだいぶ良くなりました。
エンターテイメントのスピーチも頑張りたい。
TM H Sato  東京銀座を訪れたとき交差点で待っていると 周りの人たちは私以外、全部 中国人で今年の正月 香港にいたときと同じ。香港は近代的な建物で東京の中心地と変わらない。100年間 イギリス統治下にあったので英語が通じるかと思いきや、そうではなかった。航空費無料でいける香港を東京で味わったらいかが。
TM Takahashi 2012年11月入会。6年がたった。4年間会計を担当した。4人の新メンバー
   が入りまた会員20名以上になった。その半面 様々の理由で会員が退会していった。
   当然 新しい会員に適切な助言が必要なのは当然重要ですが、建設的な意見をいって
   クラブをより活発でワクワクするものにするのが大切です。ケネディ大統領の有名な
宣誓の通り「クラブが貴方に何をしてくれるかではなく、貴方が何をクラブにできるか」
皆で一緒に協力し合って、各々 進歩、改善、向上、上達し 前進していきましょう。
TM Ota  最初 入会した時は 非常にナーバスでしたが お陰様で今はすっかり 皆さんが
野菜だと思って 存分に話すことが出来るようになりました。
TM Togawa 清水会長の年間を通じての情熱に感謝いたします。素晴らしい会員の皆さまとおられることは、大変幸せなことであり鶴ヶ島TMは一番素晴らしいところだと感じています。佐藤弘さんが エリアディレクターになられたことは 大変クラブにとって名誉であり いつまでも挑戦を続けられる佐藤さんをバックアップしていきたい
TM Shimada スピーチを上手にできるように頑張っていきます。
TM Asada Grant  太田新会長の良さを存分に見れると思うと 非常にたのしみです。
○Presentation of Awards
Best Table Topic Speaker: TM W. Liu
Best Evaluator: TM H Sato
Best Speaker: TM Shimada
○       Closing Thought by TM Asada Grant

 最後に 太田会長より、閉会が宣言された。